簡単で還元率が高いポイントサイト / ポイントモンキー

2009年09月13日

日本株はまだもみ合いですかね

・東証大引け、反落 円高進行とGDP改定値を嫌気 SQ値も重荷に
・新興市場11日、3指数が上昇 ジャスダック売買代金が今年最多
・米国株小反落、ダウ22ドル安 5日続伸後で利益確定売り、下値堅く
・今週の見通し・株式 1万500円を挟み一進一退
・今週の見通し・NY株 ドル安傾向なら堅調に

先週の日経平均は10,444円で終了。日経平均は調整分をほぼ取り戻した形になり、まだまだ10,000キープです。結局、国内は組閣人事と民主党の公約などについていろいろ報道関係が騒いでいますが、具体的な動きは首班指名後、さらには月末の外交デビュー後になりそうですね。
国内の政治がそんな状態ですので株式市場は海外の動きにひきづられると考えた方が良いのかな。。。海外ではまずドル安、次にNYダウ、中国株の動きが気になります。とくに為替は結構な水準までドル安が進みました。円高による株価下落懸念と、ドル安=リスク投資の拡大という解釈によるNYダウ上昇のどちらが影響するでしょうか・・・。
今週はNYダウが調整して円高の影響を懸念する声に圧されて日本株は少し下落。なんとなくもみ合いが継続する形になるのではないかと予想しています。ま、いつものことながらこんなこと言ってるとキレイに逆さに市場が動くんですけど・・・。さてどうなることでしょうね。。。

「こづかい・懸賞・節約生活」←こちらもよろしくお願いします。





人気ブログランキングへ←ポチっとご協力をお願いします。
posted by coach_y at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127965265

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。